知らないと損をする?!聞いて納得、税理士さんのお話

節税効果に期待!税理士からのアドバイスを聞くメリット

相続税は、個人で調べて申告することも可能です。しかし相続税を納めるなら、税理士を利用するとメリットがあります。税理士から相続税についてアドバイスを聞くメリットは、節税効果が高い点です。
税金は、申告漏れがあると追徴の対象となります。一方でもし税金を払いすぎたとしても、戻ってくることは基本的にはありません。そのため、無駄に相続税を払いすぎるのは避けるのが賢明です。しかし効果的な節税には、高度な税の知識必要とします。税を専門とする税理士であれば、節税に関する詳しい情報を持ちます。相続財産の価値が大きい場合には特に、税理士に相談して話を聞いてみるメリットは大きいです。支払うことになる相続税の額も、税理士の助言で大幅な節約が可能です。

税務調査回避に有効!疑いのない相続税申告にノウハウ持つ税理士

相続の事実について申告し納税した場合、一般的に税務調査が行われる可能性が高いです。もし申告内容について、些細な事でも不明な点があれば調査が行われ、事実関係が申告通りであるかがチェックされます。こうした税務調査を受けるのは、相続人にとってできるだけ避けたいものです。
そこで相続税申告であらぬ疑いをかけられないように、税理士からの助言が役立ちます。税理士は、疑いを抱かせないような相続税申告書の作成技術に長けています。申告の内容についてどのような点が特に重視されているか心得ていて、税務調査の回避に優れたノウハウを持ちます。税理士に相談して味方につけておけば、将来の税務調査の可能性も不安に感じずに済みます。